【書評】住野よる『か「」く「」し「」ご「」と「』

最近は全然小説を読んでなかったんだけど、TSUTAYAに行ったら住野よるさんの新しい小説が置いてあったから思わず衝動買いした。

住野よるとの出会いは例に漏れず「君の膵臓をたべたい」。

絶賛大学サボり中だったある日、グランフロントの紀伊國屋書店に行ったら『発売されます!買ってね!』みたいなこと言ってて、すげぇタイトルだなぁとか思ったけど買わずに帰った。

それから家に着いてから気になりだしてkindle版購入。ほんともう1日で読んだ。

もともと本を読む人間じゃなかったからこのボクが1日で本を読めるってことにまず驚いたんだけど、その頃情緒も不安定だったしガチ泣き。

それから住野よるにハマって、この人の書いた別のモノも読みたいなぁと思うようになった。

その後「また、同じ夢を見ていた」も発売されてすぐに読んだのだけど、これが「です・ます」調ですごく読みにくかったのね。

読むのにかなり時間がかかって正直今も内容が整理出来ていない。

だから「よるのばけもの」も、興味が湧かなかったから読んでないんだけど、『か「」く「」し「」ご「」と「(以下、『かくしごと』)』は衝動買いしてしまったのである。

まぁジャケ買いだったんだけど。

イラストを見て、おお、コレは良い…。って直感で思ってすぐレジ持ってった。

僕は電子書籍派だから、kindle版がない時以外は基本紙の本を買わないようにしてるんだけどね。

これは手元に残しておきたいっ!ってなる表紙イラストだった。

ボクが青春を謳歌していなかったからなのか、こういう清純派の子たちの青春を感じさせるイラストについ惹かれてしまう自分がいる…。いやあ、悔しい!

ま、イラストの話は置いておき…。肝心の内容はどうだったのか。

見事に本の世界に引きずり込まれたぜ…。

前置きはこの辺にしておいて、早速書評にいってみよう。

住野よるの「かくしごと」。眩しすぎるくらいにリア充たちの青春が描かれてた。

ボクの高校時代は色で表すと暗黒だったからこういう小説を読むたびに心がエグられる。

それなのにまた読んでしまって、今、心が沈んでいる状態。

まあ、妙にリアルなウェイ系リア充を描いたイライラする青春物語よりも、こういった正統派のリア充たちの落ち着いた青春物語のほうがボクは好みだけどね。読み終えられたのはそのおかげ。

 

簡単なあらすじを書いておくと、彼らはそれぞれ(何らかの)人の気持ちが分かる能力を持っていて、気持ちがわかるからこそ変に深読みしてしまったりするわけ。

そんで、すれ違うこともあるんだけど、やっぱり頑張るぞー!!って葛藤する高校生たちが描かれている。そんなストーリー。

物語は5章で構成されていて、京、ミッキー、パラ、ヅカ、エルという5人の登場人物の目線から描かれている。

この構成だと、5人それぞれの考え方が理解できるし感情移入もしやすいので、読んでいて楽しい。

ありそうでなかったストーリーだけど、個人的に読み応えはすごくあった。

というのも、1章の主人公であるってヤツがすごくボクに似てるから胸が痛むくらいに共感できたからだ。

どんなやつかというとね、例えばイケメンの友達が居ると、

知らない人が観たら身長差も含め、二人の仲を不釣り合いだと思うことだろう。ボクだってちょっと気にしたりはする。だって僕達みたいなのは、いけてること一緒のものを身につけるのが恥ずかしかったりする、卑屈な生き物だから。

引用元:住野よる『か「」く「」し「」ご「」と「』14ページより

こんなことを考えたりしやがる。どんだけ卑屈だよ。

高校時代のボクを彷彿させるようなあまりの酷似っぷりに乾いた笑いしか出てこなかった。

 

自意識過剰っぷりは物語終盤まで留まることはなく、途中修羅場があったりもするのだが、その一つひとつの過程で成長していく姿は読んでいて楽しい。

ボクにとっては新しい気付きを与えてくれた作品だった

。5人それぞれ性格が違って興味深いし、誰かしらに共感することになると思うし読んで損はないはず。

スポンサーリンク

シェアしていただけると超励みになります!